院長コラム

2018.05.31更新

皆様、こんにちは、院長の宮川です。そろそろ梅雨入りとなりそうですね。ジメジメと蒸し暑い時期となりますので体調管理をしっかりとしましょう。

さて、今日は麻疹についてお話します。

今年の3月に沖縄ではしか(麻疹)が流行し、愛知県でも患者さんが多くみられるようになりました。もともとは台湾から沖縄にきた旅行者から感染が広がったようです。麻疹は子供のころに罹る病気ですが、麻疹に罹らなかったり、ワクチンを打っていなかったり、打っても抗体ができなかったりした妊婦さんがいます。妊娠中に麻疹に罹ると妊婦さん本人が肺炎などになるなど重症化しやすく、流産なども引き起こします。妊婦健診の検査項目には麻疹の抗体検査は入っていないので、心配な方は抗体検査を受けて自分が麻疹に対して免疫があるかどうか確かめておきましょう。麻疹はとても感染力が強いので麻疹に罹っているヒトとの接触は避けましょう。

投稿者: 宮川医院

2018.05.15更新

こんにちは!院長の宮川です。ゴールデンウイークも終わり、暑くなってきましたね。寒暖差が大きかった日が続き、体調を崩された方もいらっしゃったのではないでしょうか?

急に夏の日差しになりましたが、これからは紫外線が強いので日焼けには注意をしましょう。妊娠すると肌の状態は変化します。今まで使っていた化粧品が合わなくなったり、行きつけの美容院のパーマ液でかぶれたり、いろいろなお肌のトラブルがおきやすくなります。外来でも紫外線によるお肌のトラブルを何人かの方が訴えていらっしゃいます。外出時にはあまり肌を露出せず、日傘を使ったり、大き目の帽子を被ったりして紫外線にあたらないようにしましょう。日焼け止めクリームも有効ですが、日焼け止めクリームが肌に合わないこともありますので自分に合ったクリームを選ぶことが大切です。土地柄、海に遊びに行く方も多いのですが、紫外線対策は忘れないでください。

 それからもう1つ注意しなければならないのが熱中症です。適切な水分補給は妊婦さんでも大切です。つわりがひどくて水分が十分に摂取できなかったり、トイレが近くなるからとあまり水分を摂らなかったりすると熱中症になることがあります。特につわりの時期は水分をとっても何回も吐いてしまうと、脱水になり、電解質が失われ、熱中症になりやすくなります。水分が十分に口から取れない場合は点滴をする方法もありますので、気軽にスタッフにご相談ください。脱水は熱中症のみならず血栓症といって血が固まりやすい状態を引き起こすことがあるので危険です。

さあ、これから夏がやってきます。紫外線対策・熱中症対策をしっかり行ってください。

 

投稿者: 宮川医院

2018.04.13更新

4月よりホームページが新しくなりました。新年度となりスタッフ一同、気持を新たにがんばります。

私は今年は花粉症がひどく、夜中も何回も鼻が詰まって起きてしまいます。妊婦さんの中にも同じような症状の方がいらして大変そうです。妊娠中も使える薬がありますので外来でご相談ください。

投稿者: 宮川医院

あなたの「産みたい」がきっとある

藤沢市にある宮川医院へお気軽にご相談ください

出産と子育てをトータルサポートいたします。

  • 0466-22-5915 出産は24時間 365日対応 休診日 木曜・土曜午後・日曜・祝日